Uberは手強い市場に亀裂を入れる為に日本タクシー業界と組む

投稿日:

以下の記事は、Sep 06 2018 13:01 に投稿された
「Uber teams up with Japan taxi firm in bid to crack tough market」fin24を翻訳したものです。

 

Uberは木曜日に、ライドヘイリング・サービス(the ride-hailing service)をアジア二番目の市場に割り込む試みとして日本の地方タクシー企業と提携すると述べた。

トヨタの本拠地からほど近い名古屋を経済拠点とするフジタクシーは、顧客にタクシーを運ぶUberによって作られたアプリを用いていくだろう。

このことは厳しいタクシー規制のある国で最初の主要なパートナーシップである。

「Uberとフジタクシーグループは地域への来客者及び地域住民の為に存在するタクシーの質を向上させるよう努める」とUberは日本語の声明の中で述べた。

同社は自社のライドヘイリング・サービス(the ride-hailing service)を紹介し、また日本の他地域へも普及したいとも述べている。

これまでのところ、日本でのUberの存在は選定された都市圏でのUber Eatsとともに、西日本のごく一部である淡路島で限定された条件の下に行われるパイロットプロジェクトへ留まっていた。

日本は世界でも三番目の経済規模を有し、高い技術力を保っているが世界中の市場を混乱させているシェアリングエコノミーへの反応は驚くほど鈍い。

AirBnBでいえば、事業の受託に苦戦し、事業展開を圧迫する政府の規制によって脅かされている。

Uberのようなライドヘイリング・サービス(the ride-hailing service)もまた、業界へのニューカマーの新規参集を阻止していた日本でもゆっくりと踏み切られていっている。

(ライドヘイリング・サービスでの)タクシー運転は日本の主要都市でも数秒もかからず乗車できる、そして、高品質・高価格として知られる日本の伝統的タクシーをリスク回避を重視する顧客は利用するだろう。

しかし、トヨタは火曜日に、自家用車の大量生産に一体で取り組むとしてUberへ500万ドルを投じるとした。

-ニュース
-, , , , , , , , ,

関連記事

シェアリングエコノミーの健全な発展を呼…

中国共産党中央委員会の政治局の常任委員会のメンバーであり、中国人民政治諮問会議の全国委員会の委員長であるWang Yangは、シェアリングエコノミーの発展に関する隔週の協議会の議長を務める。 北京、中 …

ODYSSEYが独自トークンを配布——…

徐々に明らかになるODYSSEYの壮大な計画   新トークンの発行・エアドロップを発表 日本時間の5月13日夜、仮想通貨のOcoin(通貨単位:OCN)を発行するODYSSEY(オデッセイ) …

豪映画配給会社が仮想通貨導入へ——映画…

 仮想通貨と接近する映画界 映画市場のシステムを大きく変えうるシステム オーストラリアの映画配給会社デマンド・フィルム社が、ドイツで仮想通貨の導入を開始する。The Hollywood Reporte …

シェアリングエコノミーの大きな4つの動…

2018年、シェアリングエコノミーは著しく発展した。 2008年創業のAirbnb、翌年にUber、5年後に日本でメルカリが生まれた。約10年間でシェアリングエコノミー企業は、どんな経済学者の予想より …

シェアリングエコノミーが生み出した「ユ…

中国経済界を席巻するユニコーン企業 中国におけるシェアリングエコノミーの成長 South China Morning Postは8日、「中国のシェアリングエコノミーが生み出す数十億ドル規模のITユニコ …